【股下何cm!?Part83】4Kカメラ撮影(29)セーラー服の彼女は学生風娘の最高希少種でした-品のいい女性に匹敵するFの娘-

偏差値で見る撮影の傾向

By BORMAN, 2016年1月2日

ぱんつみる夫さんが昨日公開した映像が話題になっております。

【股下何cm!?Part83】4Kカメラ撮影(29)セーラー服の彼女は学生風娘の最高希少種でした-品のいい女性に匹敵するFの娘-

私も購入して拝見しましたが、希少価値も含め大変良い内容だったと思いますので、まだの方はぜひご覧になってください。
個人的には被写体の顔が絶妙な角度でツボに入りました。

私などは彼女らのようなハイソなイメージの娘たちと向き合うことをやめてしまった人間なのでこの映像はとても眩しく感じられました。
以前はそれなりにこだわっていた時期もありましたが、重ね率が高くていつしか彼女らと向き合わなくなりました。
私の引きが悪いだけなのかもしれませんが、学校でも厳しく指導されているのでしょう。

しかし、本当にそういったこだわりが無くなったのか、別のこだわりが実はあるのではないかと少し考えてみましたが、手っ取り早く調べられる被写体の学校の偏差値で見てみることにしてみました。
学校名がわかっているケースに限ってヒストグラムを作ってみたところ、以下のようになりました。

偏差値分布

※高校偏差値ナビしらべ
※中高一貫校では中高ひとまとめ、複数の科がある学校は一番上を採用

割と普通でした。
近い分析は3Dパンチラさんも行っておられましたが、上記は生パンとかどうとかは関係なく、単純に学校の偏差値ごとに分けたものです。
中の上くらいの学校というケースが目立つようですが、そもそもその辺りの学校は数も多いと考えれば特筆すべき傾向は見られないように感じます。

ですが、私の場合は特定の娘に集中するケースがあるのでその点も加味する必要があるのではないかと考え、上記それぞれの度数に撮影回数をかけてみたところ、以下のようになりました。

偏差値 × 回数

41~45が突然飛び抜けました。
他は最初のグラフと大きく変わらないので、この層の学校に通う娘をストーカー撮りする傾向が強いように見られます。
しかし、40以下は学校の母数も撮影回数も少ないのでこうなっているとして、その次の41~45にスカートが短くて生パンの娘が多いからそこに集中しているだけで、それを考慮すると偏差値に関するこだわりはそれほど無いのではないかと考えられます。
今回わかったのは特定の層を大きく押し上げるほど、一度食い付いたら離れないスッポンのような傾向だけかもしれません。

2 Comments

  1. 助平之助 より:

    結局のところ生パンにありつけるかどうかはやはりプロの弛まぬ仕事にこそあると自分は考えます。
    運や季節など様々な要因があるとは思いますが最後に笑うのはやはり投稿主様のような孤高の存在だと思っております。
    目先の数字ではなく実直な仕事と調査、プロの直感こそが実を結び、素晴らしい作品として記憶に残ると感じています。

    そして前の記事にもありましたが世の中はもっと生パンが増えるべきだと自分も思います。
    ふとももまで見えてれば良いという人もいますが、やはり大事なのは生パンであると自分は思います。
    制服という没個性、太ももという誰にでもついているモノだけではなくその娘の真の個性であるパンツとお尻の形、そして太もものコントラストこそが男が求めるものだと信じております。
    生パンというのは男を失望させるだけの悪しき衣類とすら感じます。
    スカートの中にあるパンツが見えてこそスカートという衣服には価値があるのであって重ね履きでは短パンと価値が対して変わらなく感じます。

    自分達のような男たちが真に求めるもののために世の中に抗い続ける姿勢をこうして駄文を残すことと、作品を購入することでしか敬意を表せぬことを歯がゆく思いますが、
    是非とも今年もお体と不躾な「犬」共にお気をつけてお過ごしください。

    長くなりましたが応援しております。

    • BORMAN より:

      助平之助さま
      コメントありがとうございます。

      私などはまだまだペーペーですが、ご期待に添えられるよう日々調査と努力を絶やさずにしております。
      今後もぜひよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。